上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見てみたい光景がありました。自分の足でしっかり立って、空気を吸って、冷たい風に吹かれ、すべての感覚を総動員して。

oIMG_7584.jpg




「すばらしい」の言葉でしか言えない。
この感動は私の全部の言葉、ありったけの言葉をかきあつめても伝えられない。

そのくらいの感動が胸をいっぱいにしてくれました。

日本一のカール。
涸沢カール。
2万年前氷河の侵食により削り取られた痕跡を残す深い谷。

岩稜の穂高連峰をぐるりと囲まれ登山のベースキャンプたくさんのテントの花が咲き多くの登山者で溢れかえる。



oIMG_7534.jpg



テラスから望む絶景。天候に恵ま最高の景色が迎えてくれた。


oIMG_7615.jpg



みんなこのテラスでビールを飲んだり名物おでんを食べたり、楽しそうなのです。
私もたくさんの人とお話をした。今度は一緒に北穂高を目指そう!と約束したのです。
登りはすごい辛かったけど、また絶対登るからまっててカールと北穂高!

oIMG_7172.jpg




採れたてのとうもろこしをいただきました。
みっちり黄色の粒が並んでる。ツヤツヤ。キラキラ。なんだこれは宝石か。
自然物は宝石にたとえたくなるものがたくさんあります。

oIMG_7088.jpg
●毘沙門沼 青緑色に光り、沼磐梯山が望める一番大きな沼


今回行ったキャンプ場は福島県裏磐梯高原の五色沼の畔にある『五色パラダイスキャンプ場』
ここは磐梯朝日国立公園の保護地区内にあるため、木々に囲まれたっぷり自然が楽しめるのです。
そして、五色沼自然探勝路の出発点にあるため早朝トレッキングへ!

五色沼は、正式には五色沼湖沼群とよばれ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などのいくつかの沼で構成されています。
「沼・・・・まどろんでいるのか・・・?」
と思いきやエメラルドグリーンやコバルトブルーそれぞれの沼は異なる色で美しく輝いていたのです。


IMG_7116.jpg
●青沼 小さいながらも一番綺麗な色の沼


oIMG_7107.jpg



鳥がさえずる静かな緑道を進みます。休みの日はこうやって人がいなくてぼーっと自分のペースで
遊べるところが最高だなぁと思うのです。

*****************************************
ハイキングの後は福島名物(?)「よもぎだんごの天ぷら」をバーナーであぶっていただきまーす!

oIMG_7083.jpg




五色パラダイスキャンプ場

〒 969-2701 
福島県耶麻郡北塩原村裏磐梯五色沼畔
TEL 0241-32-2811 ・FAX0241-32-2813

aasagopan2.jpg



キャンプで食べるごはんが大好き。
石垣島のココスビレッジで作った朝ごはん。

バーナーに火をつけて、食パンを焼いて、目玉焼きをつくって、缶詰からあけたコンビーフを炒めて。
それから珈琲をいれて。
何てことない、それだけ。
なのに!もうれつに美味い!!!
作ってる間も楽しくてしょうがなくて、食べてるときはもっと楽しい!!


カフェ ブログランキング
  








asa2.jpg



目玉焼きパンでかんぱーい !石垣島かんぱーい!




aasagopan.jpg



こっからはお仕事のはなし。

kayakku.jpg




太陽の光をめいいっぱいうけて輝く海、

はじめてのったカヤックは今までのった乗り物のどれよりも海が近かったよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。