上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

oIMG_8788.jpg



ほろ苦いさくさくのココア生地にあまい気持ちをこめてできあがりました!
QwanQwanのバレンタインクッキー☆☆
女の子は春をさきどりしたふんわりワンピースを着てもらっておめかしです☆

このワンさんはなんでしょう・・・??
リボンのようなたすきのような何かをかけています。
まるほっぺで「Love」なんて言っちゃてるのでしょう!

oIMG_8785.jpg




クッキー生地がとても割れやすい型があります。ウサギの耳がだんとつです!
なので折れてしまったうさぎで急遽アクビちゃんのような女の子にしてみました。
なかなか気に入ったデザイン!


oIMG_8777.jpg




今年はガトーショコラも焼こうとおもってクーベルチョコレートも買ってきた!
うまいのつくるぞーーー!!
スポンサーサイト

oIMG_8413.jpg




最近カップケーキにはまっていまして、ワンボールでできてしまう手軽さなのにほかほかの美味しさ!
店頭販売用にと今さまざまなレシピを試作中です。


今回は完熟のバナナをたっぷり入れたマフィンを作ってみました。
たぶん生地作りからオーブンいれるまで10分くらいだと思われる!

オーブンにいれて焼いている時間バナナのほんわかあったかい香りがたまらない時間ですね。

焼きたてはふっわふわでとーーっても口どけのよいマフィン!!
常温になるとバナナがなじんでもちっとさらに優しい甘みが口に広がるのです!

今回はプチマフィンのラッピングも考案!どれもあるものを組み合わせただけの簡単ラッピングですが
使う材料によってさまざまな表情を変えてくれるのが楽しいですね~~
**********************************************

①IPPガゼット袋×ワイヤーつきタグ×チェックリボン
タグにリボンを両面テープでちょこっと貼り付けて。リボンがはみ出た部分はハサミでカット。

oIMG_8408.jpg



②OPP袋×無地シール×マスキングテープ
無地のシールに好きな色のマスキングテープを貼るだけ。イラストをちょこっと描くだけオリジナルティがでます。

oIMG_8399.jpg



③OPP袋×ふわふわリボン
好きなリボンをちょうちょ結びするだけのシンプルラッピング。

oIMG_8396.jpg




ラッピングは自分の好きなものを貼ったりつけたり、楽しみながらできるからいいぞーー!!

**********************************************

一ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、この一ヶ月でQwanQwanとして活動の場を広げようとちょこちょこ
動いてきました!今年は自分の夢を叶えるために常に前へ前へ進みます!そしてその手助けしてくれる友達や家族に
感謝の気持ちとまわりの人をハッピーにするような笑顔をもっていこう!!と思っております!
今年もよろしくお願い致します!

オレンジ×ミドリ×クロ

何のイロだーー?!ハロウィンカラーだーーー!
大好きなハロウィンだからオバケたちをクッキーに!

バターをたっぷり使ったさくさくクッキーにはシナモンの香りがふんわり。かぼちゃとの相性はばっちり。
ココアクッキーはしっとり大人の味わい。黒猫ちゃんになってもらおう。

oIMG_7841.jpg



ハロウィンクッキーボックスはお友達のめいっこさんに届けました!

oIMG_7840.jpg



にゃーとか。かぼちゃとか。ゴーストとか。



oIMG_7839.jpg



かぼちゃパンツの子だったり。 あ、後ろからオバケがのぞいてる!まさに背後霊!
甘くて食いしん坊のゴーストにちがいない。

ハロウィンまでまだまだあるからたくさんの子達をつくるんだ!!




oIMG_7458.jpg


おかしをくれなきゃイタズラするぞぉ!
ゆ~らゆらおば3兄弟がやってきた!

とこちら試作のアイシングクッキーです。全体的な甘さが強すぎるのでクッキーの配合を研究かつ
アイシングの特訓をしなければなりません。
10月から神田の雑貨屋さんで焼き菓子の販売が決定したため、毎日お菓子を焼い食べて
作り直しての繰り返しです。日々研究だ!!



oIMG_7457.jpg



今年こそかぞちゃのランタンにトライしたい!!


oIMG_7178.jpg



軽井沢土産でたくさんの高原野菜をいただきました。
そのたくさんの元気野菜の中に軽井沢産のルバーブが!!

ハーブの一種であり、シベリアからやってきた西洋野菜なのです。
今は信州の高原などで栽培されてるため、軽井沢のスーパーなどでは常に置いてあるんですって!
「西洋のふき」と呼ばれハーブの一種であるシベリアからやってきた根元が赤く外観は蕗の太く硬い感じです。生で少しかじったところ、酸っぱくちょっととしぶい。まだまだ若いリンゴのよう!
さぁこのルバーブは葉茎が赤と緑の色をしているので、茎の部分を赤と緑に色分けしてジャムにすると、綺麗なピンク色と抹茶色の2色のジャム作りを楽しむことができるのです
杏のように酸味がある爽やかなジャムができあがりました^皿^ 


2色のルバーブジャム

■材料

ルバーブ 2本
砂糖 全体量の40%~50%

■作り方

①ルバーブをよく洗い根元の赤い部分と緑の部分をわけておく。

②1cm~2cmに切り分けそれぞれ鍋にいれ分量の砂糖をいれる。水分が出るまで2~3時間置いておく。

③火にかけ15~20分煮込み、アクを取り除く。木べらなどでつぶし実がくずれたら完成!


ルバーブとはこんな感じです。これは葉茎部分。葉っぱはもっとでっかくてはすの葉っぱみたいなんですよねーー。ルバーブの栽培をご家庭などでされてる方もいるみたい!

IMG_7168.jpg



2つのランキングに参加しています。がんばりたいと思いますので応援クリックよろしくお願いします♪♪(*´▽`*)


カフェ ブログランキング
  







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。